身長を伸ばすためのカルシウムの大量摂取は危険

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

身長を伸ばすための目的で、カルシウムをサプリメントで大量にとるのは危険です。

骨だけのためにあるのではないカルシウム

骨を作るとされる栄養素の1つ「カルシウム」。これだけで骨が作られるわけではありませんが、確実に骨の成長に必要な栄養素であることに違いはありません。

そのため牛乳を飲めば背が伸びるとされ、毎日ゴクンゴクンとたくさんの牛乳を飲む人も多いはず。基本的に牛乳をたくさん飲むのにもお腹の限度があるので問題は起きませんが、錠剤などのサプリメントでカルシウムを大量に摂るのは少し危険が伴います。

体内のカルシウムは全体の99%ぐらいは骨や歯などを形成しています。ただ問題なのは残りの1%が筋肉や神経、心臓といった重要な器官で必要とされている栄養素だということです。

カルシウムは骨の中だけにあるというイメージがありますが、実際は血液中に一定の濃度で溶け出しています。この濃度の濃い・薄いで人間には様々な影響や症状が出るとされています。

それを防ぐために、血液中のカルシウム濃度を一定に保つため、薄くなれば骨から溶かし出し濃度を濃く、高くなりそうになれば逆に骨にどんどん蓄えていきます。

この濃度バランスが崩れれば、骨の丈夫さの他に、幻覚などの神経系症状、動脈硬化や心筋梗塞にも繋がる危険性があるのです。

サプリメントの多量摂取は問題

このサイクルは通常の食事や、意識したたくさんんの牛乳の飲用ではこのバランスが崩れることもほとんどないとされています。

しかし、ほんの小さな1粒にたくさんのカルシウムが詰まったサプリメントでは事情が変わってきます。錠剤だといくらでも飲めます。身長を伸ばしたい!と思って、たくさん飲めばいい!と大量に飲めば先ほどのサイクルは崩れてくる事になります。

通常20歳ぐらいまでカルシウムはどんどん骨に蓄えられていきますが、腎臓でも処理され尿として排出もされます。20歳以降はなおさら腎臓で処理し排出する割合が増えていきます。

腎臓結石や動脈硬化、心筋梗塞の可能性も

カルシウムの体内での処理スピードには限界があります。この限界を超える速度でカルシウムが体内に入ってくると、腎臓は排出処理が間に合わずしだいに「結石」として蓄えてしまいます。つまり腎臓結石です。普通カルシウムの摂りすぎでできるものではありませんが、サプリメントのような通常の範囲を超える摂取方法だとこのような事も起きうるのです。

さらに悪い状況になれば、動脈硬化や心筋梗塞といった命に関わる病気になる可能性があるとされています。

またカルシウムの吸収を高めるビタミンDの摂り過ぎも同じ結果を招くとされています。ビタミンDはカルシウムの吸収をかなり促進させるため、これの摂りすぎもカルシウムを過剰に吸収させる可能性もあるからです。

骨粗しょう症を予防する目的なら逸脱したカルシウムサプリメントの摂りすぎは起きにくいでしょうが、身長の悩みという何としてでも解決した目的なら逸脱した飲用に繋がりやすくなります。

サプリメントはその濃度や量だけで結果が決まるものではありません。適度な量とタイミングが重要な要素となってきます。くれぐれもカルシウムだけでなく、サプリメントの用法量を超えた過剰摂取はしないようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ