成長ホルモン:身長を伸ばすのに必要。不足すると伸びない

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

背を高くするために有効とされる成長ホルモンの分泌促進や投与。しかし他の栄養が足りないと意味は無い。こうすればもっとチャンスが増える。

あのサッカー選手が身長を伸ばした方法がこれ

身長を伸ばすのに絶対に必要不可欠なのは成長ホルモンです。これは体内で分泌され、体の成長や傷ついた部分の回復、体内組織の維持に活躍します。この成長ホルモンが不足することで発症するのが低身長症です。

サッカー選手のトップスターであるリオネル・メッシ。彼は身長が170cmに満たない小柄な選手です。しかし彼の幼少期の身長を伸ばす対策がなされていなければ、メッシはもっと背が低い選手であり、さらに今の活躍があったかどうかも分かりません。

メッシが幼少期に行った身長を伸ばす対策というのが成長ホルモンの注射治療です。彼は先天的に成長ホルモンの分泌量が少なく、同級生より明らかに身長が低くてこのままだと背が低いままで、その頃から発揮していたサッカーの能力を活かすことができないところでした。しかし彼のサッカーセンスに惚れたクラブ側が成長ホルモン治療の資金を援助。結果、今の身長まで伸ばすことが可能になったとされています。

たくさん成長ホルモンを出せば伸びるチャンスが増えるか?

つまり、成長ホルモンが不足しているのが身長が伸びない原因なら、それを改善すれば伸ばせる可能性は非常に高いということです。

そのころから、不足しているとはっきり言えない状態の人も、成長力を高める成長ホルモンが通常より多く分泌されれば、骨の成長を刺激して身長を伸ばすことも可能と考えられています。

100万円以上用意できますか?

ただ注射による方法は子どものころに低身長症として認定されたときだけです。しかも保険が効かないので数百万円の出費になるそうです。

そのため、身長を伸ばすのに成長ホルモンを増やしたいと思う人は多いのですが、そのほとんど、ほぼ100%の人は試すことも実行することもできていません。

また、低身長症も成長ホルモン注射で平均的な身長まで確実に伸ばせるというものでもないそうで、ほとんど効果が見られないケースもあると思われます。つまり100%確実に身長を伸ばす方法なんてないということです。

アルギニンを飲むと近い結果になる?

そこで考えだされたのがアルギニンなどのアミノ酸を飲むことです。

アルギニンを代表に、アミノ酸の一部には摂取することで成長ホルモンをより多く分泌させる作用があることが研究結果で分かっています。アルギニンは肉や魚など様々なものに含まれていますが、通常これらの食事で取れる量は微々たるもので、意図的に成長ホルモンを増やすまでには至りません。

そのため、アルギニンのサプリメントを摂取することが身長を伸ばす方法の一つとして試されています。

またアルギニン以外にも成長・回復系アミノ酸と呼ばれているものがあり、これらはそれ単体よりアルギニンと一緒にとることでさらにアルギニン自体の作用が高まる研究結果があるそうです。

注射による成長ホルモン摂取より、体内で自分で増やすため体への負担などは低いのだろうと想像できます。しかし注射に比べると効率は悪く、その結果は定かではありません。あくまで、アルギニンを飲んだら成長ホルモンの分泌量が増加したケースがあったという話です。

寝る、運動する、これも成長ホルモンを増やす方法

よく寝る子は育つと言われるのもこの成長ホルモンの分泌量のことです。十分な睡眠時間とぐっすりと深く眠ると成長ホルモンがたくさん出ることが分かっています。身長180cm以上の私がここまで高くなったのもたぶんこれでしょう。笑えるほど寝てましたから。夜更かしとか知らない子でしたからね。でも7時間半以上寝ないとスッキリしないという面倒な体になってしまいました…

おかげで最近は仕事のストレスなどで寝不足気味です。毎日の睡眠は成長ホルモンがたくさん出るゴールデンタイム。これを一日でも逃すのは身長を伸ばすチャンスを減らすということです。

あと適度な運動です。運動をして体を動かすと成長ホルモンの分泌が促進されます。ハードにする必要はありません。楽しくできるレベルでいいです。ほどよい運動も成長ホルモンの分泌を促しますし、夜の熟睡を誘います。ぐっすりとした熟睡とそうでないのでは成長ホルモンの分泌量が違ってくるので断然有利です。

常に毎晩出し続けないと意味がない

そして重要なのが、成長ホルモンは一時的にたくさん出ても意味がないということです。身長が1日や2日で伸びるわけがないのは当然です(一部例外もあります)。毎日じわじわと作用していつの間にか少し伸びていたと気付きます。

だから成長ホルモンもずっと一定以上出しておかないと身長を伸ばすまではいきません。グーッと押し続けて、あるとき急にふわっと伸びる感じです。

そのため、今日だけたっぷり長時間寝ても、頻繁に寝不足になっていたり、1ヶ月に1回しか運動しないとかだと、わずかに成長ホルモンは増えるでしょうが身長を伸ばすまでのエネルギーは貯まりません。日々の生活リズムを一定にして、ストレスをなるべく溜めないようにして夜にしかっり眠る。これができそうにない人はアルギニンサプリメントを寝る前に飲んでおくなどしています。

だから私みたいに、小さい頃から毎日夜更かししないでぐっすり寝ていて、しかも友達とよく遊んで運動していたのであれば、毎日寝ている間に同級生より成長ホルモンが大量に出ていたんだと思います。その結果、まさかの身長180cmオーバー。さすがにこれは伸びすぎなんでしょうが。

それでこういった生活習慣は、いくら身長を伸ばしたいと思っていてもほとんどの人が真似できません。習慣みたいなものですから。そのため、とにかく無理なく成長ホルモンを毎日増やし続ける方法が必要なのです。だから、アルギニンを寝る前に毎日飲む、といった方法が一番よさそうには思えます。毎日飲むだけならまあ続けられるはずです。それでも薬を飲み忘れる人が多いことを考えるとまだ難しかったりするかもしれませんね。

でも、この方法は何にも効果が実証されていません。これで伸びた!という話があっても嘘か、飲まなくても伸びていたという確率がのほうが高いでしょう。骨自体が伸びる余地がない場合、成長ホルモンが多少多く出続けても伸びず、下手するとアゴや頭部などの骨の異常発達の原因ともなるそうです。

成長ホルモンが身長を伸ばすのに必要なのははっきりしていますが、それを意図的にやる方法は、現時点では、子どものころにだけ受けられる注射くらいしかないということです。

一緒にやっておきたい姿勢改善

成長ホルモンを増やせたら確実に身長を伸ばす保証なんてありません。ただその関連性が密接なだけに無視できないだけです。完全に骨の端が固まっていたら、軟骨部分が少し成長するぐらいの伸びがあればいいほうではないでしょうか。

そして身長を伸ばす方法として言われていることの中で、特に効果的、伸びたと声の多い方法は平行してやるのがいいです。
そうするとどれで伸びたのか分からなくなりますが、身長を伸ばすことの難しさを考えるとやれることはやっておいたほうがいいです。

アルギニンを飲む方法はまあオマジナイ程度でしょうから、加えてやっておきたい方法は姿勢改善夜ぐっすり眠ることです。

姿勢改善は、正しい綺麗な姿勢をとることによる即効性の伸長だけでなく、歪みがない骨格は骨が伸びやすくなると考えられるからです。実際に姿勢を綺麗にしただけで身長が伸びていった人が結構います。

そして夜はぐっすり眠ること。深い睡眠です。夜中に何度も目が覚めるような睡眠はダメです。睡眠時間を伸ばすのは、今からでは多分難しいでしょう。だから時間ではなく質でカバーします。寝る子は育つのですから。

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ