アルギニン~身長を伸ばすと噂されるアミノ酸

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

  • 身長を伸ばすのに不可欠な成長ホルモン分泌と関係
  • サッカー選手メッシが成長ホルモン治療を受けていたことで注目
  • 身長を伸ばす効果があるわけではない
  • 比較的まとまった量を飲むことが勧められている

あのサッカー選手がこれで身長を伸ばした

アルギニンはいくつもあるアミノ酸の中の一種類(非必須アミノ酸)です。スポーツドリンクにも多少入っており、肉類などにも入っていて誰もがが取ったことのある栄養です。このアミノ酸を飲むと、成長ホルモンの分泌量が増える作用があるとされています。

成長ホルモンは身長を伸ばすのに必ず必要な要素です。料理の食材が豊富でも、それを調理する料理人がいなければ料理が完成しないのと同じ。つまり、いくらたんぱく質や亜鉛、マグネシウムなど身長を伸ばすための栄養が豊富でも、成長ホルモン(料理人)が不足していれば身長(料理)は高くなりません。

サッカー選手のメッシ選手は小さい頃に身長が伸び悩む症状であると判断されました。低身長症です。プロサッカー選手としては体格が小さすぎるため将来が希望できない、でも技術がずば抜けていたため、バルセロナ(スペインのサッカークラブ)から資金援助を受けて、成長ホルモンの注射を受けました。こうやって低身長を克服し、今や世界No.1とも言えるサッカー選手になった話がとても有名です。

メッシの真似をして身長を伸ばすのは通常不可能

メッシ選手のように成長ホルモンによる低身長症の改善は「注射」によるのが一般的です。注射は血液に直接成長ホルモンを投与するため、ほとんど無駄なく体内に入り作用します。身長を伸ばす目的で成長ホルモンを取り入れるなら注射がベストです。

しかし、注射は子供の頃に低身長症と診断されない限り受けることができない治療です。大人が今より3cm身長が欲しい言うのはもちろん無理。小柄な子どもであっても、ただ単に周りの子よりちょっと小柄だし…という理由でも同じく不可能です。自分の子供の成長を心配している親でさえも、そんなに手軽に注射を受けることはできません。

それに費用が数百万円かかる上に、確実に身長が伸びるわけでもないので、普通の家庭で気軽に試せるようなものではありません。

現にメッシ選手の身長は170cmです。低身長症の治療をしてこの身長です。世界のプロサッカー選手としてはかなり小柄な部類です。日本人の長友選手は小さいイメージですが、彼も170cmなんです。

つまり、注射で成長ホルモンを増やしたとしても、思ったほど身長が伸びるわけじゃないんです。

これは、成長ホルモン=身長ではないからです。成長ホルモンは体のあらゆる部分を作るのに使われるもので、必ずしも身長にだけ作用するわけじゃないからです。低身長症の逆の巨人症というのがありますが、この症状になると顎が大きくなったり、骨の形成に異常が見られるように、身長と関係がないところが伸びてしまう可能性もあるんです。

アルギニンは誰でもできる方法だけど……

注射以外で成長ホルモンを増やすにはいくつかの方法があります。

運動や筋トレなどで体に一定以上の負荷をかける、夜ぐっすり眠るなど普段の日常生活でも成長ホルモンはいつもより分泌されます。しかし低身長症で投与する成長ホルモン量はこれら日常生活で補える量ではありません。それが可能ならわざわざ子どもの腕に針を立てる必要はないからです。

ではどうすればたくさんの成長ホルモンを分泌させることができるのか?その答えが、アルギニンというアミノ酸の摂取となっています。

アミノ酸という極々自然な食品栄養のため、子どもも大人も関係なく摂取できるお手軽な方法です。

ただ、アルギニンを飲めば確実に成長ホルモンの分泌量が増加すると証明されているわけではありません。そういう結果がある、そういった作用の実験が報告されているということです。

それでも成長ホルモンの分泌増加作用は広く認知されており、スポーツをする人、美容目的の人、更年期障害の緩和目的など、様々な面で期待して利用している人は大勢います。

しかし、誰もアルギニンだけで目的を果たすのは難しく、世界レベルの競技スポーツの世界になると、ドーピングにより成長ホルモンを意図的に増やす方法が未だに選ばれています。

アルギニンの必要量の目安

アルギニンと成長ホルモンの実験では、ある一定以上の量が摂取されています。

この量は3000mg~5000mgで試されていることが多いようです。

BCAAなどスポーツ目的で販売されるアミノ酸サプリメントの場合、だいたい1回分のアミノ酸量が1000~3000mgであることが多いです。健康増進向けなら500~1000mgくらい。

これはアルギニン単体の量ではありません。バリン、ロイシン、イソロイシンなど様々なアミノ酸の中に、アルギニンが何%と配合されています。となると、この中のある一つのアミノ酸一つ一つの量はかなり少なくなります。

そのため、成長ホルモンを意識した場合のアルギニン摂取は、一般的なアミノ酸サプリメントでは足りないことになります。これを踏まえて、アルギニンの力に特に着目したサプリメントは、決まって1回分のアルギニン量が3000mg以上になっています。

アミノバイタルなどの有名なアミノ酸サプリメントでは全く足りません。ああいった一般的なものは他種類のアミノ酸が入っており、アルギニンを3000mg取ろうとすると約6袋も取ることになります。

アルギニンは摂取量も重要ですが、飲むタイミングも重要です。アルギニンの力を引き出すには夜の睡眠前に取ると効果的であるとされています。誰でも夜は睡眠中に成長ホルモンが分泌されるので、その出やすいタイミングに合わせることでさらに引き出す事を狙っています。もちろん確立された話ではないので目安の話です。この量を守れば効果が高かったり、さらに飲めばもっと効果が出るとかそういった話ではありません。

アルギニンは直接身長を伸ばす栄養ではない

もし身長を伸ばす目的でアルギニンサプリメントをとっても、あなたの目的を叶えることはまずありえません。

スポーツの世界で成長ホルモン導入によるドーピングが未だに横行しています。アルギニンならアミノ酸なので通常ドーピングに引っかかることはありません。それなのに成長ホルモンを直接増やす方法が選ばれます。これが表していることは、アルギニンだと満足できる成長ホルモンが分泌されてないということです。

そして重要なのが、身長が伸びる要因は成長ホルモンだけじゃないということ。身長が伸びるにはあらゆる要因が全て一定以上揃わないといけません。身長が伸びるには骨が伸びる必要があります。なのでたんぱく質は十分に必要。細胞分裂のために亜鉛も必要です。その他様々な栄養が必要で、偏っていると身長が伸びにくくなります。

骨端線が閉じている大人はアルギニンでも無理

仮にアルギニンにより成長ホルモンが増えたとします。それが身長が伸びるための唯一の条件だとします。

それでも大人は伸びません。

なぜなら骨端線が閉じているからです。

身長が伸びるのは長くて25歳くらいまでとされています。一般的には高校生くらいまでで、大学生になると伸びてもほんのわずか。

この理由が骨端線の閉鎖です。

骨端線とは骨の先端にある細胞分裂を起こす場所です。ここがまだ固まっていない場合、細胞分裂をする余地があるので骨が伸びます。つまり身長が伸びます。成長ホルモンの影響を受ける余地があるからです。

ドーピングで成長ホルモンを投与して筋肉が増強することがあっても、骨が伸びて身長が伸びることは基本的にありません。どれだけすごい成長ホルモン促進があったとしても、骨端線が閉じていたらどうしようもないのです。

10代こそアルギニンと成長ホルモンが重要

アルギニンや成長ホルモンがどうこうと言っても、骨端線が閉じていたらアウトです。その点で10代はまだまだチャンスがあります。

10代は放っておいても成長ホルモンがたくさん出る時期です。骨端線も閉じていません。だから身長がグイグイ伸びるんです。

しかし小柄で伸びない子がいます。こういった子どもにはある特徴があります。

  • 寝不足
  • 胃腸が弱い
  • 偏食

この3つのどれかだけでも身長の伸びはかなり抑えつけられます。

寝不足は成長ホルモン分泌量にモロに影響します。成長ホルモンの大半は睡眠中、特に深い眠りのときに多く出るため、寝不足=低身長の原因なんです。最近の子どもはスマートフォンや携帯ゲームでブルーライトを常に浴びており、脳が覚醒したまま眠ろうとするため不眠になったり、そもそも夜更かしする子が多くて身長が伸び悩んでいます。

胃腸が弱いというのは、身長を伸ばすために重要なたんぱく質を十分に消化吸収できないため、骨を伸ばすための材料不足になるからです。いくら成長ホルモンが多く出たとしても、材料がないとそれらは全く活かされません。

偏食は身長を伸ばすための栄養不足だけでなく、ホルモンバランスも崩すため成長ホルモン分泌量を減らしてしまいます。また肥満になると低身長になりやすいデータもあります。

身長180cm以上の私と現代の低身長の子どもの比較

私は身長が180cm以上とかなり高いほうですが、子供の頃を振り返ると身長が伸びやすい条件が揃っていたようです。

とにかくよく寝てました。また母親が栄養学に関心があったため、食に関してはかなり厳しく育てられており偏食、好き嫌いがありません。脂っこい食事も少なく、スナック菓子もあまり食べていなかったため胃腸に負担もかかっていないと思います。

おそらくアルギニンも自然にたっぷり摂取できていたと思います。だから成長ホルモン分泌量が多く、骨の材料もしっかり取れていたはずです。

特に最近は母親が仕事で忙しい家庭が多く、子どもにバランスの良い食事を取らせていないところが多く目立ちます。私もそのような家庭で育っていたら180cmまで伸びていないと思います。これは本当に。

だからといって母親の責任でもありません。無理してそのような環境を整えても体が持ちません。母親が疲れてストレスに悩まされている姿を見せられるほうが子供としては辛いです。そのストレスも身長が伸びない原因になるんですよ。

確かに身長を伸ばすための最高の条件はあります。しかし、その条件は100%満たさなくても身長は伸びます。各家庭で無理のない状況を整える。これで十分です。

だから栄養面については、足りないものは何かで補う。これでO.K.です。あまり形にこだわらず、親子ともにストレスなくできる最大限の成長対策を取りましょう。

成長サプリメント・栄養食に意味はあるのか?

ここ最近、お子さんのための成長栄養食・サプリメントが数多く発売されています。

こういった製品を使うことで身長を伸ばすことができるのかどうか?

結論は簡単で、これら製品で身長を伸ばすことは不可能です。ただし、意味はかなりあります。

なぜなら、身長を伸ばすための条件の中で、栄養面については子供一人でどうしようもないからです。睡眠に関しては、身長が低くて悩んでいる子ども自身がなんとか改善できることです。でも栄養面は子供でコントロールできません。やはり親しかいません。

でも料理が苦手な親もいますし、忙しくて手料理を作っていられない親もいます。そんな家庭にとって、子どもの成長のために作られた栄養食とサプリメントは大いに役立ちます。少なくとも身長が伸びない理由の1つを対策できるからです。

大人用の一般サプリメントは良くありません。アルギニンなどのアミノ酸はまだいいですが、亜鉛やマグネシウムといったミネラルは子どもに与えるときは量に注意が必要です。大人でもミネラルは取り過ぎると危ないので、子どもの体格に合った量が必要です。

そして子供の時からカプセルなどサプリメントに頼る生活になると、大人になってからもサプリメント頼みになる癖がついてしまいます。これは将来的に本当によくありません。

子どもが嫌がらず、かつ1回で食事として済むようなものなら、身長を伸ばしたい子どもの栄養補給に最適と言えますね。

栄養バランス・食が細い・偏食の子どもに

のびのびスムージー

豊富な成長栄養をうまくまとめ、保存料など胃腸負担になるものを除いた成長系スムージー。水で溶かすだけのドリンクで、甘すぎず子どもの食育に悪影響も与えませんし、子どもも喜んで飲んでくれます。用意も簡単なのでお母さんの負担が大幅減らせて安心。

アルギニンなどの必要栄養素を植物性で配合。特に野菜嫌いのお子さんのアミノ酸、ミネラル、ビタミン不足の解決にピッタリ。

【公式】のびのびスムージーの内容ページ

プラステンアップ

こちらは爽やかなレモン味。特に中高生のための栄養量、成長のための特別な栄養配合、消化吸収に力を入れているのが他と違う部分です。また継続購入の最低回数がないため気軽に試しやすいのも売れている理由。

中高生になると朝食を抜く割合が増えます。朝食を食べることでホルモンバランスも良くなり身長を伸ばすのに貢献。かといって食事量を増やせない胃腸が弱めの中高生により適した栄養飲料です。

【公式】プラステンアップの内容ページ

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ