アルギニン~身長を伸ばすと噂されるアミノ酸

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

  • 身長を伸ばすのに不可欠な成長ホルモン分泌と関係
  • サッカー選手メッシが成長ホルモン治療を受けていたことで注目
  • 身長を伸ばす効果があるわけではない
  • 比較的まとまった量を飲むことが勧められている

あのサッカー選手がこれで身長を伸ばした

アルギニンはいくつもあるアミノ酸の中の一種類です。スポーツドリンクにも多少入っており、誰もがが取ったことのある栄養です。このアミノ酸を飲むと、成長ホルモンの分泌量が増える作用があるとされています。

成長ホルモンは身長を伸ばすのに必ず必要な要素です。料理の食材が豊富でも、それを調理する料理人がいなければ料理が完成しないのと同じ。つまり、いくらたんぱく質や亜鉛、マグネシウムなど身長を伸ばすための栄養が豊富でも、成長ホルモン(料理人)が不足していれば身長(料理)は高くなりません。

サッカー選手のメッシ選手が、小さい頃に身長が伸び悩む症状であると判断され、バルセロナ(スペインのサッカークラブ)から資金援助を受けて、成長ホルモンの注射を受けることで低身長を克服した話がとても有名です。

メッシの真似をして身長を伸ばすのは通常不可能

メッシ選手のように、成長ホルモンによる低身長症の改善は「注射」によるのが一般的です。注射は血液に直接成長ホルモンを投与するため、ほとんど無駄なく体内に入り作用します。身長を伸ばす目的で成長ホルモンを取り入れるなら注射がベストです。

しかし注射は子供の頃に、低身長症と診断されない限り受けることができない治療です。大人が今より3cm身長が欲しい言うのはもちろん、周りの子よりちょっと小柄だし…と自分の子供の成長を心配している親でさえも、そんなに手軽に注射を受けることはできません。

それに費用が数百万円かかる上に、確実に身長が伸びるわけでもないので、普通の家庭で気軽に試せるようなものではありません。

アルギニンは誰でもできる方法

注射以外で成長ホルモンを増やすにはいくつかの方法があります。

運動や筋トレなどで体に一定以上の負荷をかける、夜ぐっすり眠るなど普段の日常生活でも成長ホルモンはいつもより分泌されます。しかし低身長症で投与する成長ホルモン量はこれら日常生活で補える量ではありません。それが可能ならわざわざ子どもの腕に針を立てる必要はないからです。

ではどうすればたくさんの成長ホルモンを分泌させることができるのか?その答えが、アルギニンというアミノ酸の摂取となっています。

アミノ酸という極々自然な食品栄養のため、子どもも大人も関係なく摂取できるお手軽な方法です。

ただ、アルギニンを飲めば確実に成長ホルモンの分泌量が増加すると証明されているわけではありません。そういう結果がある、そういった作用の実験が報告されているということです。

ただ、成長ホルモンの分泌増加作用は広く認知されており、スポーツをする人、美容目的の人、更年期障害の緩和目的など、様々な面で期待して利用している人は大勢います。成長ホルモンは体のあらゆる部分を作って整えるのに不可欠で、不足しているのが原因なら、補えば欠けていた部分が元に戻るためです。

アルギニンの必要量の目安

BCAAなどスポーツ目的で販売されるアミノ酸サプリメントの場合、だいたい1回分が1000~3000mgであることが多いです。健康増進向けなら500~1000mgくらい。

この場合、重さはいくつものアミノ酸すべての量でこのグラム数です。つまり、バリン、ロイシン、イソロイシンなど様々なアミノ酸の中に、アルギニンがいくらかと配合されています。となると、この中のある一つのアミノ酸一つ一つの量は少なくなります。

しかしアルギニンなどある一つのアミノ酸に着目した場合、その作用をはっきりと引き出すにはまとまった量が必要とされており、成長ホルモンに関しては実験で3000mg以上を摂取しています。

そのため、アルギニンの力に着目して製造されているサプリメントの場合、一回分が3000~5000mgほどでパッケージされているのが目立ちます。

アルギニンの力を引き出すには、同じく、3000~5000mgほどを夜の睡眠前に取ると効果的であるとされています。誰でも夜は睡眠中に成長ホルモンが分泌されるので、その出やすいタイミングに合わせることでさらに引き出す事を狙っています。もちろん確立された話ではないので目安の話です。この量を守れば効果が高かったり、さらに飲めばもっと効果が出るとかそういった話ではありません。

仮にこれだけのアルギニンを取るなら、アミノバイタルなどの有名なアミノ酸サプリメントでは全く足りません。ああいった一般的なものは他種類のアミノ酸が入っており、アルギニンを3000mg取ろうとすると約6袋も取ることになります。

アルギニンは直接身長を伸ばす栄養ではない

もし身長を伸ばす目的でアルギニンサプリメントをとるなら、同時に、姿勢を良くすること、ジャンクフードなどの偏食をやめて、良質のたんぱく質とミネラルを含むバランスのとれた健康的な食事をとること、適度な運動が勧められます。どれも身長を伸ばすのに好条件のことです。

もちろんこれらを全て整えても身長が伸びる保証など全くありません。前提として確実に身長を伸ばす方法などありえないことを理解して下さい。ただ、身長を伸ばす仕組みは明らかになっているため、その状況を自らよりよい方向に持っていくことは可能です。それがアルギニンの摂取であったり、姿勢改善、食事改善であったりします。姿勢や食事はどうにでもなりますが、成長ホルモンをたくさん増やすことだけは簡単にできません。それをカバーさせようとする考えがアルギニン摂取になるわけです。

ただ、仮に成長ホルモンがたっぷり出たとしても、骨の材料が不足していたり、骨が成長しようとするチカラ、骨が伸びる余地(骨端線)がないと意味がありません。意図的に身長が伸びやすいとされる環境により近づけるためのものであり、あれが背を伸ばす作用を発揮するわけじゃありません。

私は子どものことかなりグーグーと寝ていたため、おそらく成長ホルモンの量は多かったのではないかと想像します。だから身長180cm以上になったのかもしれません。もちろん全然関係ないかもしれません。そんな話なのです。だからアルギニンをいくら飲んだ所で思ったとおりに成長ホルモンが出るのかも不確かですし、出たとしてもそれで身長が伸びるとかの保証はどこにもありません。期待していいものなのかも分かりません。

試すならじっくりと

アルギニンはアミノ酸であり薬ではなく、普段の食事でもとっている栄養です。体にはとてもいいもので、飲み過ぎても尿で排出されるものですし、美容や健康面でも大いに役立ちます。自分磨きの感覚で初めて見ても損はないでしょう。

また、アルギニンで仮に成長ホルモンが増えたとしても、体の変化というのは細胞の入れ替わりや成長によるものです。肌細胞でさえ入れ変わるのに1ヶ月かかります。どんなに優れた栄養バランスでも、体というのはそんなに早く変わるわけじゃありません。1ヶ月試してまた次の何かを試すとしていては、体の成長に何か影響を与えることは難しいことを理解しておきましょう。

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ