亜鉛 不足すると身長が伸びないかも

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

亜鉛が不足すると身長が伸びないかもしれません。食生活が乱れがちな人は注意。

亜鉛摂取量で身長に差が

亜鉛は育毛やダイエット、男性機能、老化防止など悩みと言われるものに関してかなり密接に関係しています。そして『身長』という悩みに関しても大いに関係しています。実際に身長の高い人と低い人とでは、亜鉛の摂取量にはっきりとした差が見られた、という実験結果があります。亜鉛が全てではありませんが、必要な栄養素の一つであることに間違いはありません。

亜鉛は体の細胞の発達には欠かせない栄養素です。重要な遺伝子やたんぱく質の合成には欠かせません。身長、骨の伸びに関係のあるたんぱく質の合成にもこの亜鉛がないと、十分な伸びが期待できません。

現代人に不足しがち

亜鉛は必須微量金属(ミネラル)と言われるように、ある一定量以上は取らないと体に障害が出るとされています。特に亜鉛は、必須ミネラルの中でも現代人に不足しがちだと言われています。

亜鉛は、運動などでかいた汗や、ダイエットによる食事制限、お酒の飲酒などでどんどん排出されていきます。しかし、食事から取った亜鉛はあまり吸収されずに体外に排出されてしまいます。さらに現代人は偏食が多く、亜鉛を上手に取れていない事が多いため、どんどん不足していってしまいます。

亜鉛が豊富な食事と取り方

亜鉛は牡蠣やレバー、納豆、牛肉、うなぎ、その他貝類などに多く含まれています。吸収効率を高める方法は、動物性たんぱく質、クエン酸、ビタミンCなどと一緒に取る事です。つまり牡蠣にレモンを絞って食べるのは最も効率的で自然な亜鉛摂取方法と言えるでしょう。

逆に亜鉛の吸収を妨げる食べ方もあります。食物繊維、パンや米などの穀類や豆類、インスタント食品に含まれるフィチン酸、スナック菓子などに含まれるポリリン酸などが亜鉛の吸収を妨げると言われています。

そう考えると、納豆は亜鉛を多く含むものの、食物繊維とフィチン酸のことを考えると効率的とは言えません。さらに言えば、ごはんに納豆、貝の味噌汁というのも、亜鉛の摂取だけにこだわればいまいち?なのかもしれませんね。

サプリメントと取り方

サプリメントの場合は、海外産と国産とでは含有量にかなりの差があるので注意が必要です。国産が1カプセル、1錠が5~8mgなのに対して、海外産は30~50mgほどあります。日本では大体10~15mg取れていればいいとされています。ただしアメリカでは50~150mgくらい必要とされており、実際に50mgの錠剤を1日としても問題はおきないようです。ただし体の大きさや体質で変わってくるので、やはりほどほどがいいでしょう。

また、サプリメントの場合は、キーレイト処理というアミノ酸とクエン酸で処理された物を選ぶようにしましょう。これにより吸収効率が高まります。購入の際の参考にしましょう。

亜鉛サプリならこれが無難。700円ほどで安くて飲みやすいです。これだけだと送料490円かかるので注意。3,990円以上買うと無料です。

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ