「寝る子は育つ」つまり身長も伸びる

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

十分な睡眠時間は身長を伸ばすためにとても効果があります。寝る子は育つは本当だった。

睡眠は成長のゴールデンタイム

昔から「寝る子は育つ」と言います。なんか昔の根拠のない言い伝えのような気もしますが、成長を身長の伸びと考えた場合これはかなり正解なことではないかと思います。

なぜなら人間の成長ホルモンはほとんど寝ている時に分泌されるからです。この寝ている時間が一定時間以上あるとより成長、つまり身長の伸びにも影響してくるというわけです。

ところが最近の子供はTVやゲームなどで夜更かしする子が多く、また受験戦争の低年齢化で塾から帰ってくるのが夜遅くになるなど何かと睡眠時間が足りていません。

そのためか、今の日本は世界的に見てかなり高水準の栄養価を摂っているにも関わらず、他国に比べていまいち身長の伸びが悪かったり、低身長で悩む人が結構多いそうです。

これには色々な原因が他にも考えられますが、極端な睡眠不足の人の低年齢化が関わっている可能性も結構強いかもしれません。最近では赤ちゃんでさえ親の夜遊びに連れられて寝不足になっているぐらいですからね。

まずは「成長する時間」を確保しよう

身長を伸ばすためにあれだ、これだと栄養素を摂るのもある面では効果的でしょうが、結局それを利用できるのは「睡眠時間中」だけです。いくら身長のためになる栄養素を蓄えていても、成長ホルモンが十分分泌されないとそれらをまともに利用する事もできません。

成長ホルモン分泌を促す栄養素を摂っても、結局その成長ホルモンが出てくるのは「睡眠時間中」です。やはりきっかけにしかすぎないのではないかと思います。

いくらお金持ちでもそれを使う時間がなければそのお金も意味がありません。身長の伸びも同じでただ栄養素をひたすら取り込んでもそれを利用する時間→「睡眠時間」がなければ十分な効果は得られないのではないでしょうか。

睡眠度チェック(5点以上は不眠症かも)

深い睡眠は身長を伸ばす

RDA21(医者が使う不眠症改善ハーブ)

10,500円(約1ヶ月弱分・送料・代金引き換え無料・クレジットカード対応)

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ