思春期は遅い方が背が伸びる

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

思春期を遅く迎える人はそうでない人に比べると身長が高くなりやすい。

のんびりした子の方が背が高い?

思春期は成長ホルモンがたくさん分泌される大切な時期ですが、この思春期を早く迎えると伸び悩むといわれています。

同級生の中で恋愛や性への目覚めが遅いと、取り残されたように感じるかもしれませんが、身長に関しては好都合です。ちょっと奥手でのんびりしているぐらいの子が一番身長が伸びやすいのです。

逆にしっかりしすぎて、周りより恋愛や性への目覚めが早い子は、それだけ思春期を早く迎えて、早く終えてしまいます。そうなると成長ホルモンの分泌はたくさん見込めなくなります。

親からすると、周りと比べて成長が遅いより、早くしっかりとひとり立ちしてもらった方が安心なのでしょうが、あまりに早い心の成長は、体の成長を伴わないので考え物です。

家庭環境で思春期にも影響が

思春期を迎える早さはその子の家庭環境や食環境によるでしょう。毎日夫婦喧嘩があったり、きつく子供にあたっていては、子供はストレスを常に感じて萎縮し、反発から早く思春期を迎える可能性があります。

親がだらしないほど子供はしっかりするといいます。それと同じですね。

逆に言えば、穏やかな家庭で優しく育てられ、悪く言えば甘やかされた子供は思春期を迎えるのが遅い傾向にあります。

ただあくまでそのような傾向があるということです。何もかもそのような子供になるわけではありません。ピリピリした家庭でもなぜかのんびりした子供はいますし、その逆もしかりです。

それでも一つ言えることは、親の行動や言動、接し方は、子供の性格だけでなく身長にまで大きな影響を与えるかもしれないということです。特にガミガミとストレスをかけ続ける接し方は、身長の可能性うんぬんの前に、その子の将来に重要な問題をもたらすかもしれません。

なるべく長い目で、時には優しく時には厳しく・・・というのが一番いいのかもしれません。

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ