食事に関心を持つことは身長アップに大事なこと

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

食事、食品には最低限の関心を持つことが重要。身長を伸ばすのに影響がでるかも。

もしかすると身長に影響が

食べ物には人間にとって好ましくない毒が含まれている事があります。例えば、金属や環境ホルモンです。これらの毒は、人間の体のどこかで何かしらの悪影響を及ぼします。

最近は高栄養素の食品に囲まれているのに反して、ダイオキシンなどの環境汚染に毒された野菜や魚、遺伝子組み換えの大豆など、未知なのを含めて、危険な食べ物にもたくさん囲まれていると言えます。

これらの毒は、キレやすい子供の原因という意見もありますし、体の成長バランスを阻害するという話もあります。ということは、身長の伸びにも何かしらの悪影響が出てくると考えられます。もし成長ホルモンに悪影響がでれば、正常に成長ホルモンが分泌されずに、同級生に対して身長が伸び悩む低身長症状に悩まされるかもしれません。

つまり、身長の伸びを気にするなら、食事の内容だけでなく、その「質」にも最低限こだわりましょう、ということなのです。

あまりに安い怪しい食品は注意

今では何でも安く買えますが、安すぎる食材はそれだけその生産元や流通ルートがあいまいで、怪しいものも少なくありません。こだわっても仕方がありませんし、産地偽装が当たり前のように行われている現状では、見極めるのにも限界があります。

ただ、気づかない間に私達はいくらかの微量の毒を口にしています。食物連鎖の末端にいる人間は、他の生物よりさらに何十倍の濃度で毒を貯め込んでしまいます。そういった現実があるということを覚えておき、食に何も関心をもたないというのは止めましょう、ということです。

最低限の食への関心があれば、栄養面も含めて、身長の伸びに良い食環境を作り上げる事ができるでしょう。身長を伸ばすにはバランスのとれた食事が必須なので、全く気にしないのは困ります。安い食材でいいのですが、明らかに怪しげなものは、いくら安いといっても止めておきましょう。

食が原因?最近の子供は大変

最近の子供は、昔では考えられないくらいアトピーやぜんそく、過敏症、虚弱体質といった症状をもつ子が増えています。最近の子供は弱くなっているのでしょうか?これだけ日本には高栄養の食べ物が満載なのに、このような子供が増え続けているのはなぜなのでしょうか?

このあたりの理由はまだまだ研究途中のようですが、一つに食べ物の質が落ち、科学的に毒である成分が含まれている割合が増えてきた、という考えがあります。

土壌汚染などで野菜に微量の金属が含まれていたり、海の汚染で魚にも金属などの毒が含まれていたりします。またジャンクフードや加工食品には、認可されていても健康には疑わしい材料が使われていたり、さらには、害があるかどうかは別にして、遺伝子組み換えの大豆が密かに使われていたりします。

このように最近の食べ物はじわじわと危なくなっているという意見があります。ましてや妊婦がこのような毒に強く汚染されていると、胎盤を通して赤ちゃんに凝縮して受け継がれる可能性もあります。

食事は身長を作りますが、ヘタをすると伸びない原因ともなります。これらの食品に含まれる毒素は一部でしか言われていませんし、科学的にもどうなのか曖昧ですが、最低限の食への関心をもって栄養を取っていく必要があるでしょう。

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ