成長ホルモンが多いとガンになりやすい?

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

身長が高い人はガンになりやすい!?それは成長ホルモンの量が多いからだそうです。では身長を伸ばすのは高リスク!?

身長を伸ばすのは危険なのか?

高身長の女性ほどガンになりやすいとの研究結果があるようです。

背の高い女性はガンになりやすい…英統計調査「読売新聞」

男性も同じだろうということで、身長が高いほうがガンリスクが高いというお話です。

でも比べると、というだけで、身長が高いからガンを心配しなくてはならないというそういう話ではないとも書いてあります。

高身長の人のほうがガンリスクが高い理由は、成長ホルモンの量が多いからだからだそうです。

やはり身長を伸ばすのには成長ホルモンの分泌量ということになるのでしょうか、意外なところからその効果の真偽が出てきました。

しかしガンはいただけないですね。

ただガンにしろ何にしろ、成長ホルモンはあらゆる体の組織を発達、成長させることは事実です。

ですから、ガン細胞に効けばガンが進行するし、他の部位、たとえば骨に効けば身長が伸びるということになります。

ガンは若い年齢で発症すると手遅れになるのが早いと言われています。これも若い間は成長ホルモンの分泌量が多いからということになるでしょう。

このことから推測できるのは、以下のようなことでしょう。

成長ホルモンは体を成長させる。でも、自分の好きな場所だけ成長させられない。時として、身長を伸ばす好結果をもたらす可能性もあれば、がん細胞を成長させる可能性も捨てきれない、ということではないでしょうか?

身長を伸ばすのも結構大変な話ですね…

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ