2.4cmも身長が縮んだプロボクサー選手

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

とあるポロボクサー選手はなんと2.4cmも身長が縮んでしまったとか。その真相は?

試合結果はいかに・・・

武豊さんが1.4cm身長が縮んだ事は以前に書きましたが、さらにそれを1cm上回る、2.4cmも縮んだプロスポーツ選手が出てきました。それがベネズエラのプロボクサーであるロレンソ・パーラー選手です。試合前に行う事前検診で行う身体測定で謎の大幅身長ダウンが明らかになったのです。

↓参考記事↓
http://www.sponichi.co.jp/osaka/spor/200509/16/spor185381.html

この珍事は検診に立ち会ったドクターもお手上げ状態で、何が原因なのか想像も付かないレベルだそうです。考えられる原因としては、減量の最終調整で、当日の早朝にランニングをした事ぐらいか・・・としか想像できないようです。

確かに起きている時間が長いほど、関節が沈んで身長は縮み、ランニングという関節に衝撃が加わるような運動をすればさらに関節部分は縮まる事でしょう。でもさすがに2.4cmはありえないはず。こういった原因で縮む長さのレベルを超えていますからね。

パーラー選手の対戦相手である日本の坂田選手は、「前回より小さく見えた。」とコメントしていますが、自信があるという意味合いだけでなく、本当の意味で「小さく見えた」のもあるかもしれません。

この試合は本日2005年9月19日に行われます。果たして身長が縮んだ事による影響はあるのでしょうか??

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ