「身長を伸ばす」には3種類ある

スポンサードリンク

概要・チェックポイント

一口に身長を伸ばすと言っても、その意味は3種類あります。できることとできないことを理解してから始めましょう。

意味をよく理解しておこう

一口に身長を伸ばすと言っても実は3種類あります。

この意味を知ってよく納得してから高身長対策を始めるべきです。

骨の長さを伸ばす

誰もが思う身長を伸ばすという一般的な意味です。この場合、骨が長くなることを指します。

子どもがどんどん背が高くなるのは骨が伸びているからです。骨が伸びない限り身長は伸びません。

成長期を過ぎた後は、この骨を伸ばすことが一番難しくて大変です。しかし一度伸びれば、よっぽのどことがない限り何もしなくても身長が元に戻るようなことはありませんし、これからもさらに伸びる可能性も生まれるので、やはり一番嬉しい伸び方です。

アルギニンなどのアミノ酸摂取による成長ホルモン分泌が一番注目されています。

見た目の身長を伸ばす

これは骨自体は伸びていません。でも、あることをすれば身長が高くなったように見えます。高くなったように、というか、もともとそれだけの身長があったのに、自らそれを小さく、低く見せている人が数多くいます。

だからその損をしている部分を改善し、本来の背の高さに戻すのがこの方法です。

この方法は誰にでもできますし、特にお金が極端にかかることもありません。大人には特に効果がある方法です。

骨盤矯正や背筋矯正などが当てはまります。

一時的に伸ばす

厚い靴底や中敷きを使い、一時的に身長が高いように見せるテクニックがこれです。

ごまかす、と言えば聞こえが悪いのですが、最も手軽で最も確実に効果が出るのがこれです。

素足のときはバレるじゃないかと思うでしょうが、3cm底上げしたのなら、近いうちに3cm本当に伸ばしてやる!という目標としてしまうのもいいでしょう。

骨を伸ばすという意味での身長を伸ばす方法は、かなり根気がいるため具体的な目標があると継続しやすいです。

自分の現状に合わせて組み合わせるのもいい

成長期まっただ中なら特に何も慌ててすることもありません。バランスのとれた食事と適度な運動。そして夜更かししない。これだけでも伸びる確率は断然違います。

大人の場合、どうしても今すぐ伸ばしておきたいなら3つ目の方法で。

そして1番目の骨を伸ばす方法にも可能性を感じるならそれを継続。そして2番目の方法でさらに見た目の身長を稼ぐという組み合わせがいいでしょう。

特に2番目の方法は、1番目の方法による効果を出しやすくするという関係があります。歪んだ体では骨が伸びようとするのを邪魔することが予想できます。また伸びたとしても歪んでいてはその伸び具合がよく分からないことと思います。

LINEで送る
Pocket

スポーンサードリンク

※ご注意!!当サイトの掲載情報はどれも確実に身長を伸ばす方法を書いたものではありません!身長を伸ばすことができるという噂や理論などを分かりやすく解説しています。このサイト、またリンク先の情報が身長を伸ばすことを保証するものではないことをご注意ください!!

関連ページ